ピンクのアジサイ

Graceful Aging

WAM NEWS LETTER June.2021.

今月のニュース

 「下着はカラダの一部」

「リラックスできるのにボディメイクできる」下着

 「ジェーン・アイルデール 」新商品情報

雨に紫陽花の花が映える季節になりました。今年は平年より19日早い梅雨入りとなり、長雨の続く毎日ですが、

新型コロナウイルスもいまだ全国で収束の目途が立っておりません。

この1年間、外出自粛により身体を動かす機会が激減し、それによる体力低下や体重の増加、健康への悪影響に多くの人々が直面しています。

コロナ禍がもたらした運動不足に加え、梅雨の時期は、外で身体を動かす機会がますます限られます。

いつも以上に健康管理に努めてまいりましょう。

おうちモードでも、24時間を有効活用!

「下着はカラダの一部」という考え

『下着』はいつの時代も、その時代の美意識や身体観を私たちのボディに映し出しています。

西洋のファッション史を参照すると、より女性らしい体を造形するためにコルセットでぎゅうぎゅうに体を締め付けた時代があり、

そこを過ぎて20世紀になるとコルセットの廃れが女性解放と見なされるようにもなりました。

 

また、『下着』は私たちの意識や体に緊張感を与えるだけでなく、ファッションとしてもなくてはならないものです。

 とはいえ、コロナでステイホームが長引く中、締め付けの強い下着は着けたくありません。

かと言って、ゆるゆるで緊張感のない下着を習慣化してしまうと心にもボディーにも締まりがなくなってしまいます。

 こんな時代だからこそ、「リラックスできるのにボディメイクできる下着」を選択しませんか!?

※画像はネットよりお借りしました

A1. ​人生の 1 / 3 は睡眠時間

 

寝ているあいだもバストやヒップは下や横に流れたり、寝返りで左右に流れたり、昼間と同じく夜もバストやヒップは動いています。その流れる脂肪を支えるのが下着の役割です。

夜も、サポート効果のある、かと言っ て苦しくなくリラックス効果の高い体型の崩れを防ぐ下着を着けていますか? 

 

A2. ​毎日着ける下着だからこそ、生地にこだわりを

毎日着ける下着ですから、生地選びはとても重要です。ナイロンなどの化学繊維よりコットンやシルクの方がお肌に良いことはよく知られていますが、最近特に注目を浴び ているのが光電子繊維です。光電子繊維には平均 0.3 um のセラミックスが織り込まれており、体内深部を温め、汗や水分は蒸発しやすく、常に衣服内をドライな状態に保ち、夏は涼しく、冬温かいという光電子効果を恒久的に失わないという特徴があります。

A3. ​体型と年齢

 

人間の体は、 20歳を過ぎると引力重力に引っ張られ、徐々に下垂していきます。 それと同時に全身の筋肉の老化が始まるのも20歳頃からなので、この時期を境に体型は崩れていきます。自分のからだに合ったもの、尚且つ加齢によって変化した部分を美しく補整してくれる下着を選びましょう。

​バスト

​おなか

​ヒップ

「リラックスできるのにボディメイクできる下着」あります!

下着は私たちの皮膚に直に密着していて、長時間着けているもの。自分のカラダに合わないものでは、普段の生活が快適に過ごせなかったり、体型を崩したりすることもあります。だから「下着はカラダの一部」なのです。加齢による体型変化を出来るだけ少なくし、心地よく『美ボディ』を保つためには、栄養バランスの良い食生活、エステやトレーニングに加えて、自分のカラダに合った、加齢によって変化した部分を美しく補整してくれる下着を選ぶことが大事です。

そこで、次ページでは、「毎日着けているだけでボデイメイクできる」おすすめの下着をご紹介します。