♡ 今だからビタミンC ♡

ビタミンCは免疫力アップに欠かせない栄養素!

長引くコロナ禍を健康で元気に乗り越えるための感染防止対策・・・

マスクの着用・丁寧な手洗い、そして、病気になりにくい健康な身体を手に入れるためには免疫力アップが大切です。

「免疫力が落ちる」とは、免疫を担当する細胞のはたらきが弱まり異物を排除しにくくなる状態のことを言います。

免疫力が落ちると、風邪をひいたり病気にかかりやすくなるのは勿論、肌荒れやアレルギー症状が出やすくなる等の症状も現れます。

 

それでは、具体的に免疫力をアップするには何をどう摂ったら良いのでしょうか?

例えば、「風邪にはビタミンCが良い」とお聞きになると思います。それはビタミンCが不足していると免疫が低下するからです。

免疫力アップにはビタミンCがとても有効です。今だから『ビタミンC』でウイルス対策、免疫系の強化を!

  知っておきたい、ビタミンCの働き  

● コラーゲンの構築にはビタミンC が必須

タンパク質をもとに、コラーゲンの三重らせん構造を綺麗に形成する際の「補因子」として働いてくれます。骨の20%(軟骨の50%)はコラーゲンでできています。

● 抗酸化作用・過酸化脂質の抑制
体内で作られ細胞や組織を傷つける活性酸素を除去する効果があります。老化や疲労蓄積につながる活性酸素を除去することで、疲労回復やアンチエイジング効果が期待できます。

● メラニン色素の生成抑制

シミのもとになるメラニンの生成に欠かせないチロシナーゼという酵素の働きを阻害する働きを持っています。

人間は体内でビタミンCを産生できないため、食事やサプリで積極的に摂る必要があります。

​ビタミンCの1日の摂取基準量は100mg

このように、ビタミンCはコラーゲンの合成・抗酸化作用・過酸化脂質の抑制・ストレスの緩和・メラニン色素の生成抑制などに優れた効果があることは知られていますが、失われやすく体内で合成することができないことも分かっています。

NL2-1.jpg

日本の成人のビタミン C 摂取推奨量「 1日100mg 」は体を維持するための最低必要量です。元気なセンテナリアン(百寿者)を目指すには、1日 1,000mg 以上のビタミンCが必要。

ビタミンCは人間の体内では産生できず、食事で摂ろうとすると、例えばレモン1個の体内吸収率はわずか2mg と微量。吸収率と浸透率のいいビタミンCサプリメントを摂取するのががオススメです。

​ビタミンCのカスケード理論

「最良の健康状態を保つにはビタミンCを高用量に摂取する」という、米国ノーベル賞受賞者ライナス・ポーリング博士らによって提唱されたのが「メガビタミン療法」です。大量摂取することで、ビタミンCの効果を失うことなく、発揮させるのです。

 

「メガビタ C」製作秘話

  コロナの影響で、ビタミンCブームが再来し、エステティックのディーラーから、ビタミンCサプリの営業がありました。
確かに、WAMサプリシリーズで足りていないのは、『 ビタミンC 』なので、心惹かれました…が、件のビタミンCサプリの全成分を見てみると、1包にビタミンC500㎎含有、その他の配合成分は砂糖、麦芽糖などの糖類のみ…金額は1か月分で8千円!

 やはり、「 WAMオリジナルのビタミンCを作るべき!!」と決意し、長いお付き合いの医療向け原料メーカーに相談したところ、「医師監修の下、薬剤師が処方した医療機関向けのレシピで原料を手配します!」とのこと!!
 成分提供を受けるにあたり、企業審査も合格、1包に2000㎎の高濃度ビタミンCと水溶性ビタミンB群高配合した『 メガビタC/B 』という製品名もパスし、皆様にご案内できる運びとなりました。

%E4%BC%9A%E9%95%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%

メガビタCの特徴

「メガビタミン療法」「カスケード理論」をもとに、ビタミンCの一日摂取基準の20倍、2000mgのビタミンCを一包中に配合しました。

高容量水溶性マルチビタミン.jpg
NL2-2.jpg

医師監修の下、薬剤師が処方した『メガビタ C』 には、機能性食品素材『 BioPQQ(TM)』を有効量配合しておりますので、外箱に「PQQ」の文字と『 BioPQQ(TM)』の商標を表示しております。

logo_biopqq.png

Point 1

​水溶性ビタミンがすべて摂取できる!

Point 2

​圧倒的なビタミン配合量!

ビタミンはそれぞれ協力し合って効果を発揮します。ひとつのビタミンが不足しているだけでバランスが崩れ、体内でしっかりと効果を発揮できません。「メガビタC」は9種類の水溶性ビタミンを圧倒的な配合量で入れています。

Point 3

​カスケード理論に基づく配合量!

米国のノーベル賞受賞者・ポーリング博士らによって提唱された『メガビタミン療法』= “ 最良の健康状態を保つためには、ビタミン C を高用量に 摂取する ” という考え。
この考えに基づき、厚生労働省の定めた1 日のビタミンC所要量の 20 倍 ( 2000mg ) の ビタミンCが 1 包中に配合されています。

Point 4

​安全性を確認した日本人向け処方

Point 5

​「核酸DNA 」と 「糖転移ヘスペリジン」

point1.jpg
NL2-1.jpg

駄なく吸収力を発揮させるサポート成分を配合


サポート成分Ⅰ 糖転移ヘスペリジン
へスペリジンは、温州みかんなど柑橘類の果実の皮や袋から抽出された有効成分で、別名「ビタミン P」 とも呼ばれる成分です。漢方原料として知られている陳皮の有効成分の一つでもあり、陳皮は体の機能の停滞を改善する「理気剤」として利用されています。 またヨーロッパでは、その有効成分が血管系疾患、リウマチ・関節疾患の医薬品製剤として使われる など、薬効が高く評価され、役立てられてきた天然の有効成分です。

ビタミン C 消耗抑制作用

体内のビタミンCの消耗を抑制する作用が認められています。ビタミンCの消耗を防ぎ血管の劣化を抑制する効果は、しなやかなお肌や血管を保つうえで重要な役割を果たすと期待されています。


サポート成分Ⅱ 核酸DNA-Na
加齢によって低下している新陳代謝を正常にし、コラーゲン・エラスチンなどの構築をサポートします。


サポート成分Ⅲ PQQ(ピロロキノリンキノン)
PQQは1979年に発見された補酵素で、1948年以降は見つかっていないビタミンのニューフェースです。

NL-3.jpg